〈向再見道別〉

向再見道別さよならに さよなら
登 場 日本《創世日記》片尾曲 主 唱 海援隊
作 詞 武田鉄矢 作 曲 千葉和臣
編 曲 藤原いくるう
リンゴの皮をむくように
過ぎ行く時は渦巻くかたち
下へ下へとあなたがたどれば
昨日が今日につながってゆく
遠い昔に別れた人も
ひとまわりすればすぐそばにいる
時間は螺旋(らせん)の階段
さよならさえもつながってゆく
だからさよならにさよなら
すべてのさよならにさよなら
葡萄(ぶどう)の枝が伸びるように
明日はいつも青空の中
上へ上へとあなたが登れば
いつも陽ざしは眼の前にある
これから出会う見知らぬ人も
光の中で今待っている
時間は光の階段
さよならさえも輝いてゆく
だからさよならにさよなら
すべてのさよならにさよなら
時間は螺旋の階段
さよならさえもつながってゆく
だからさよならにさよなら
すべてのさよならにさよなら
像剝去蘋果皮般地
過往的歲月成為漩渦
如果你一直向下追尋的話
會發現昨天是連接著今天而去的
很久以前分離的人也是
只要繞過一圈就會出現在身邊
時間是螺旋狀的階梯
就連再會也是相連著的
所以再會吧再會
一切再會吧再會
像葡萄的枝葉生長般地
明天總是在藍天之中
如果你一直向上攀爬的話
會發現陽光總是出現在眼前
從今以後遇到的陌生人也是
在陽光中等待著現在
時間是發亮的樓梯
就連再會也是閃耀著的
所以再會吧再會
一切再會吧再會
時間是螺旋狀的階梯
就連再會也是相連著的
所以再會吧再會
一切再會吧再會  

上一頁

本頁最近更新

哆啦A夢中文網也在