〈當季節逝去時〉

當季節逝去時季節がいく時
登 場 日本《宇宙漂流記》片尾曲 主 唱 SPEED
作 詞 伊秩宏將 作 曲 伊秩宏將
編 曲 水島康貴
耳をふさぎたい
週末のノイズに
行き場のない寂しさ踏まれて
こわすのはいつも
勇気がいるけどね
こわれちゃう時は
あっけないくらい一瞬ね
あーずっとふたりだったから
ひとり分が
ポッカリあいちゃってる
 
強い風に流されてく
雲は朝をつれてくる
今は二人離れていても
まだ間に合うならもう一度
愛されたいと願うより
透明な気持ちで愛し続けたい
雨上がりの晴れた大地に立つように
 
体の奥がつながってる
心の奥の渇きと
夢中だった日々
白く縁どった寒い冬の日は
あなたがいたから
想い出になれた
あー泣きたいだけ思いきり今は泣けばいい
 
強い風にさらわれてく
あなたの心取り戻したい
凍てついた雪もやがて
灼きつくす夏がくるように
平凡だった毎日が
振り返れば光あふれてた
放課後のチャイムみたいに
今頃鳴り響いてる
 
季節がいく時に
あなたはいない
強い風に流されてく
雲は朝をつれてくる
今は二人離れていても
まだ間に合うならもう一度
愛されたいと願うより
透明な気持ちで愛し続けたい
雨上がりの晴れた大地に立つように

強い風に流されてく
雲は朝をつれてくる
今は二人離れていても
まだ間に合うならもう一度
愛されたいと願うより
透明な気持ちで愛し続けたい
雨上がりの晴れた大地に立つように
 
Do you Remember…?
Do you Remember…? 
好想掩起耳朵
不去聽那週末的嘈雜
踐踏著無處傾瀉的寂寞
摧毀一樣東西
通常需要勇氣
倒塌的一瞬間
卻是如此短暫
哎~因為兩人總是在一起
少了一個人
就像開了一個大洞
 
隨著強風吹動
飄流的雲帶來了早晨
此刻雖然兩相分離
但若還來的及是否能重新來過
與其希望被愛
更期盼能以透明的心情去愛你
就像是站在在雨過天晴後的大地上一般
 
心靈乾涸的日子 
和迷戀你的日子 
都在我身上纏繞著
在鑲上了白邊的嚴冬日子
因為曾經有你在
全部都成為了我的回憶
呀~~~~~我想盡量大哭一場
 
是否能重新拉回
你那顆被強風帶走的心
就如同夏日來臨
寒徹骨的冰雪終將溶盡
平凡無奇的每一天
驀然回首中竟也充滿著光輝
有如放學的鐘聲
此刻依然迴響不已
 
當季節逝去時
你已不在這裡
白雲被強風吹動
 帶來了清晨
我倆現在即使分開 
來得及的話想再一次
與其盼望被愛的話 
不如衷心期待延續這份愛
如同站在雨過天睛的大地上
 
隨著強風吹動
飄流的雲帶來了早晨
此刻雖然兩相分離
但若還來的及是否能重新來過
與其希望被愛
更期盼能以透明的心情去愛你
就像是站在在雨過天晴後的大地上一般
 
Do you remember...?
Do you remember...?

上一頁

本頁最近更新

哆啦A夢中文網也在